読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのMikuMikuDance!

管理者:工藤P  MikuMikuDanceこと「MMD」の初心者向け操作解説ブログです。

MikuMikuDanceとユーザーモデルのダウンロード・2 ~うまくいかなかったら…

 

前回の項目ではMMDとモデルのダウンロード、起動までを説明しましたが、「うまくいかないんですけど!」って時。
基本はMMDのお助けサイト「VPVPwiki」で打開策を模索してほしいのですが、軽く説明します。

「うまくいったよ!何の問題もなくモデル出たし動かせるよ!」って人は、基本操作の説明か、動画を作ってみよう!に進みましょう( ´∀`)!


MMDを起動できない。

 

何らかのエラーが出てくる:

そのエラーの文章そのままでGoogleで検索をかけてみましょう。

だいたい同じ症状で悩んでいる人が居て、解決策を誰かが授けています。

ランタイムなどDLすると起動できるようになることが多いです。

 

出来ても画面の一部が壊れていたり、変な表示になってしまう。良く見る講座動画のようにサクサクモデルが動かない。やたらフリーズや強制終了する:
あなたのPCが、MMDで遊べる基準に達していない可能性…
とりあえず、MMDのバージョンを下げてみて試してみる。それでもダメなら、これはもうどうしようもないので、PC買い換えるか、PCをスペックアップするしかありません(ここでおすすめを説明してます)。

まがりなりにも起動できて、動かせそうならこっちのもの!重かったら打開策を検討してください!


モデルがきちんと表示されない 


1.モデルを正しく保存してない→ちゃんとフォルダごと入れましょう。
2.モデルの服の色が真っ白になったり、目の色が白くなったりする。
 →モデルのフォルダの中に入ってる画像(テクスチャ)がちゃんと反映されていません。
これもPCのスペックが足りない、もしくはPCが画像の保存形式を読めるようになっていない状態。
この辺はVPVPwikiの質問まとめやFAQを参考にしてください。VPVPwikiさんはMMDをやっていく上でなくてはならないお助けサイトです。存分に助けてもらいましょう。
3.モデルを開こうとするとものすごく時間がかかる。その上MMD自体が強制終了したり、ヘタするとPCが落ちたりする。
 →これもPCの能力不足によるもの。モデルによっては、非常に重いモデルもあります(頂点数が多い、髪が長い、服の裾が長いなど物理演算に凝って作られているものなのど)

私も以前、MacでBootCamp環境を構築してMMDをやっていた頃、軽いモデルなら問題なく読み込めるのですが、重いモデルだと、テクスチャがきちんと表示されずホラーな外見になっていたり、二体読み込んだだけでMMD強制終了したりしていました。


きしめんfpsチェック

MMDの中には、あなたのPCがどのくらいMMDを動かせるかどうかチェックできるデータが最初から入っています。「サンプル(きしめんAllStar).pmm」というファイルを、MMDメニューバーの「ファイル」→「開く」から読込んでみましょう。

ボカロモデルが勢ぞろいしたところが、MMDの画面に現れるはずです。

そして、メニューバー→「表示」→一番下の方にある「fps無制限」にチェックを入れてください。

MMD画面の右下に、黒い「再生パネル」というものがあります。
そこの「再生」ボタンを押すと、ステージの中でミクさんが踊りだしてくれるはず。

f:id:mmderlife:20111012073155j:image

そして、画面の左下に「fps」という値が青い字で表示されますね。
ここの数値が高ければ高いほど、あなたのPCはハイスペック。

一般に「100以上なら良いスペック、50以上くらいならまあまあでだいたい動かせる、20以下だとちょいきついかも」って基準です。

「えー、fps、10とかしか出ないよ!」…大丈夫です。私も一番最初の環境では「8」でしたよ。バリバリ使ってるけど「1」って人も居る!!なんとかなるなる!

ただ…それ以前に、ステージやモデルがちゃんと表示されてないとか、再生ボタンを押すと、動くけれどまるでコマ送りみたいにカクカク!という場合。ちょっとだけ…スペックが足りないかも。


今の環境でもう少しあがいてみよう

まだ焦る時間じゃない…もうちょっとMMDでの作業をラクにしたい時に、試せること。

MMD以外は何も起動しない

基本中の基本ですが、これも大事。
TwitterのクライアントやSkypeは重いので、この辺を閉じるとラクになるかも。
それ以外も、極力MMD以外のものを使わないようにする。

●セルフシャドウを切ってみよう!

MMDにはモデルに自動で影を落とせる「セルフシャドウ」という機能が付いていますが、これをちょっとオフにしとくだけでも、結構違います。
メニューバー→「表示」→「セルフシャドウ表示」ってなってるところをクリックしてチェックを外す。

●物理を切ってみよう!

MMDには重力などを自動で計算して、服のひらひらとかミクさんの髪の毛とかを動かしてくれる機能がついてます。「物理演算」って言いますが、これもちょっと切っておきましょう。
メニューバー→「物理演算」で、「演算しない」を選んでください。
再生してみると、ミクさんの髪の毛や、カイトさんのコートの動きが固くなったと思います。

動画が完成して出力する時は、この2つの設定を元に戻してください。
それより前、作業してる段階では、この2つがなくてもなんとかなります!ほぼ問題ない!たぶん!

ちなみに、この2つを切ってもう一度「きしめんAllStar」でfpsチェックしたところ、数値が180から最高240くらいまで上昇しました!

あとはそうだなあ…MMD画面の、モデルが映ってるディスプレイ部分。
これは、左側にある黒い表みたいなやつ(フレーム操作パネル)との間のところをつかんで動かすと、大きさが変えられます。ディスプレイ部分を小さくすると、少しは軽くなるかもしれません。

更にやるなら!「地面影OFF」「アンチエイリアスOFF」この辺も、やってみましょう!!(いずれもメニューバー→「表示」より)


それでも…それでもダメだったら!!!


MMDは凄まじい高機能ツールでしかも軽い!というのが発表当初に驚かれたものです…そして現在、MMDerがよってたかってたゆまぬ技術革新を行なっている状況の中、やれることも飛躍的に増えましたが、それにつれデータやエフェクトはどんどん重くなっていっています。
きしめん再生時のfps値はそんなに気にしなくていいと思いますが、単にMMDを起動することも出来ない、モデルを読み込むと強制終了する、きしめんファイルを再生すら難しい…場合は、PCの買い替えを検討した方がいいでしょう。


次回:MikuMikuDanceを快適に操作するために…PC買い替えのすすめ